四日市銀行津支店ビル 設計者:小笠徳蔵

▼ついにアーケード撤去

5月からアーケードを撤去しはじめた津市大門で
ついに旧四日市銀行津支店ビルの全貌が拝めました
案外小さいんですね

【写真=旧四日市銀行津支店ビル、6月17日撮影】


【写真=アーケード解体、5月18日撮影】

3月には国の登録有形文化財になりましたが
その発表の際の報道によると
戦災で資料が焼失したためビルの設計者が分からないと

んなアホなと考えた私は
市.県.銀行と聞いてみたが本当に分からないという

それなら明治村へ行って
建築史に詳しい司書さんに
探し方でも教えてもらおうかと考えていた矢先

見つかりましたよ
四日市の図書館で資料を発見しました

銀行の元頭取で旧四日市図書館を寄付した熊澤一衛

【写真=旧四日市図書館、2014年撮影】

彼の個人事務所が1995年に解体される際に
名城大の畔柳武司氏が学会論文を書いていて

 日本建築学会東海支部研究報告集 第35 1997/2
 熊澤一衛とその建築 熊澤事務所と熊澤文庫について

それによると
清水組名古屋支店長の小笠徳蔵は
1925年 欧米視察から帰国
1927年 第4代名古屋支店長就任 ~36年
1929年1月31日 熊澤文庫 竣工 工費6万円
この後、四日市銀行津支店 竣工
晩年は副社長

旧四日市図書館の設計・施工も
小笠と清水組で確定しているので
津支店もほぼ間違いないでしょう

ググると津支店は大正年間の施行説が流布してるけど
間違っているので注意が必要

ちなみに開店したのは1930年11月1日
取り付け騒ぎの余波で1932年には休業し
正式には1935年7月30日 整理と社史に書いてあります

なお著者の畔柳武司 (くろやなぎ たけし)氏は
ググると名城大を退官されているけど
愛知の建築士会とつながりがあるようです

図面も持っているかもしれないですよ? >女史

ちなみにビルの現オーナーが横田さん
だからオーデンビル
これ豆知識な

出典:http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/51970751.html